ソープランド以前の話し。赤線青線とは?

ソープランド以前の話し。赤線青線とは?

ソープランド街の中には、その昔赤線と呼ばれた公認の売春宿専門の地域などがあり、赤線で売春宿を経営していた人が、法律とともにそのまま業態を変えて営業しているケースがあるようです。いわばソープランドは売春宿の流れを踏んでいる訳です。ソープランドのことを語るには赤線からという言い方も出来るかもしれないですよね。1946年に内務省が風俗取締対策を通達しました。遊廓地帯を赤線で囲ったのがこの赤線なのです。遊廓地帯とは特殊飲食店という扱いです。売春防止法施行以前に非合法で売春が行われていた地域を逆に青線と言います。青線の存在がちょっと謎という面はありますよね。非合法を青線でもって警察はしっかりと把握している訳です。所謂グレーですよね。もともと風俗にはこういうグレーの要素はもっているのです。しかし梅毒チェックなどは赤戦地帯に集中し管理されていたようです。ちょっと性病に危ないリスクあるのが青線かもしれないですよね。

カテゴリー:歴史

よく似た質問をチェックする